PAWN SHOP KYOTOYA

Read Article
メールフォームより査定
店頭で買取
宅配買取
パソコン、スマートフォン、タブレットから査定が行えます。今すぐ売りたくないけど買取価格を知りたい人もご利用ください。 京都・滋賀のお客様は是非一度ご来店ください。弊社スタッフが親切に対応致します。すぐに査定し、その場で現金をお渡しいたします。 ラインを利用してかんたんに査定が出来ます。査定金額に満足すればあとは商品を送るだけ。宅配キットを無料でお届け致します。

1940’s Seikosha Kamikaze – Japanese ww2 Marine Aviation Pilot’s Watch Zero Fighter

精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代

精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代太平洋戦争(第二次世界大戦)時、旧日本海軍の零戦パイロットに支給された 通称「天測時計」の後期型が入荷しました。大きなリューズ、回転ベゼル、エンボス仕様の文字盤、7石仕様の大型機械、裏蓋には「空兵 第八三五七號」の刻印。日本軍の歴史においても資料価値が高い時計です。
精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代 精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代 精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代

商品詳細

■ 京都屋商品番号:16450001
■ ブランド名:精工舎
■ 商品名:天測時計
■ 製造年:1940年代
■ ケースサイズ:48mm(リューズ除く)
■ ケース素材:メッキ
■ ベルト:革(使用不可)
■ 風防素材:プラスチック
■ 文字盤:ブラック
■ ムーブメント:手巻き
■ 仕様:非防水
■ 付属品:本体のみ

■ 買取:査定します! お問い合わせください
ヴィンテージアンティーク時計の保証
精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代 精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代 太平洋戦争も末期、「一億総特攻」の名の下、日本の戦争指導者たちは、命を散らしてでも連合国軍に一矢報いようと、攻撃の成功がそのまま死につながる「十死零生」という、世界の戦争史の中でも稀な作戦、それがほかならぬ「特攻」です。
精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代
精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代
精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代

コンディション: ABランク

精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代 文字盤は多少の経年変化はありますが、概ね綺麗な状態です。
ケースにはメッキの痛みが若干ありますが、年代を考慮すれば十分に良いコンディションを維持しております。
革バンドは古い当時の物ですが、切れていますので使用はできません。
機械はオーバーホール済みです。
ホゾ穴に石が使用されていない事もあり、経年劣化による縦姿勢による振り落ちが大きく、歩度が不安定になります。
歩度に関しては、ご理解いただける方のみご購入ください。

【保障について】
3ヵ月の動作保証をお付け致します。 動作を保証をするものであって精度を保証するものではありません。 防水性能に関する保証も一切出来ません。 通常に正しくご使用されている中で起こった自然故障を無料で修理対応致します。

【精度誤差ついて】
機械式時計は年式、スペック、これまで使用の状態、頻度、環境、整備内容等様々な条件で個々に状態は異なります。 よってクオーツ時計のような精度をお求めの方にはお勧めする事はできません。

■ 色に関しましては現物に近い撮影をしておりますが撮影状況や、お客様のお使いの環境により変わります。
■ 取り扱っております商品は全て本物となります。偽物(コピー)なら全額保証致します。
■ お客様の都合による返品は受付けておりません。良く詳細をお読ください。

店長中野
元特攻隊員が遺した言葉....「われわれは英雄でも、かわいそうな犠牲者でもない。ただ自分の生きた時代を懸命に生きただけ。どうか特攻隊員を憐憫の目で見ないでほしい」。

京都屋でセイコー を賢く売る!

セイコー は 現在中古市場での人気も高く高価買取が期待できます。
精工舎 旧日本海軍航空隊 天測時計 後期型 太平洋戦争 1940年代

セイコー を賢く売る、初心者でも安心の売却は京都屋質屋!

【天測に関して】
天測時計の時針を太陽の方角に向けると、時針と12時の目盛の中間点が南にあり、逆が北になる。
天測は緯度と太陽の位置を確認するのが基本であり、回転ベゼルは経過時間を測定するのに用いたと考えられます。
六分儀を用いての太陽、月、恒星、惑星など天体位置を観測し得られた高度と天体方位、観測時間を天測計算表にあてはめて現在位置を知る天測航法は、ナビゲーター航空士が乗務していれば行うことが出来るが、この時計では簡易的な方角、時間計測だけを行ったと思われます。
(精工舎 懐中時計図鑑より)


セイコー を全国トップクラスの査定で買取ります!!


Return Top